コンドウ印刷のCSR宣言

<CSR基本方針>

写真  コンドウ印刷は、CSRを経営の最重要課題の一つとして位置付け、
経営理念のもとに、法令を遵守し倫理的行動をとることを基本とし、ラベルという情報伝達ツールでお客様の市場価値を高め、自然環境への配慮と地域の活力づくりに貢献し、
コンドウ印刷とそこに係る人々の永続的な発展を目的とし企業活動を行います。

<経営理念>

写真

<就業規則>

皆さんは継続して仕事をする時、どんな人と付き合っていきたいですか?おそらく「信頼できる人」と考えるのではないでしょうか。更に、信頼できる人について、どんな人をイメージするでしょう?それは「約束を守る人」ではありませんか?会社内で信頼関係を築くには、社長も従業員も「約束は守る」ことが重要です。

就業規則は、社長と従業員の約束事をまとめたものです。防衛白書や戦闘マニュアルではなく、信頼関係を築くための道具として活用するために、就業規則を策定しました。

そしてもう一つ、社長が望む組織風土を作り出すこと。社長と従業員が一致団結して「会社の業績を上げて利益を還元しよう」という雰囲気を作り出すことです。会社の中での役割分担の一つでもある「社長の仕事」は、従業員と仲良くすることでも、敵対することでもありません。会社の利益を上げること。そして、従業員の生活を支えることだと考えています。

従業員に誤解なく伝え、不安や迷いを取り除き、仕事に専念できるようにしたい。誤解のないスムーズな人間関係を築き、社長の望む企業風土を作り出したい。そんな思いから就業規則を定めるに至りました。

(前文)
会社にはいろいろな価値観の人が集まり企業活動を行っています。企業理念はこの会社の価値観を表しています。この会社で仕事をする上での判断基準がここにあります。就業規則は、企業理念・方針・目標を達成するための手段です。企業理念を理解し、会社の価値観を守り、調和に努めてください。会社は、常に『他人への配慮と個人の尊重』を念頭に置いています。

<人材育成>

 人材育成方針
1、自身の健康管理を第一の仕事にする人
2、「会社=経験を積める場」と考え、自身の成長を以って会社の成長に貢献できる人
3、「お互い様」の気持ちを大切にし、思いやりと感謝の気持ちを言葉にする人
4、他者の利益に貢献する人
5、朝食を摂り、睡眠時間を確保できる人

 人材育成の方法
学び直しとスキルの再習得への支援
1、外部講座の受講も含め、積極的に取得支援を行う
2、性別や部門の垣根を超え様々な部署や立場を経験することで、
  環境変化に柔軟に対応できる考え方と行動力を身につける
3、専門のコンサルタントによるスキルアップのアドバイス

<リスク管理体制>

事業継続計画(BCP)を策定しています、1年毎に更新してまいります。

・2019年1月 中小企業庁のBCP策定運用指針の様式で初めて策定する。

BCP(事業継続計画)とは、自然災害などの不測の事態に、企業にとって重要な資産を守りつつ、中核となる事業を継続すために、平常時から行うべき行動や緊急時における事業継続の方法・手段等を取り決めておく計画のことです(BCP:Business Continuity Planning)。

「経営計画発表会」を毎年開催

写真 ●「経営計画発表会」の目的は、会社の方向性を全従業員に浸透させベクトルをそろえて、目的・目標に向かう力を最大にし、社員個々のてる能力をフルに発揮することです。

●従業員、ステークホルダー向けに経営計画発表会を毎年行い、必ずやり遂げる意識共有を図ります。

2019.6.15 経営計画発表会を行いました。

写真 第一部 経営の概況・経営戦略 (社長より)
第二部 SGF活動報告・改善活動計画 (SGF実施・推進担当者より)
第三部 SDGs研修 「SDGsへの理解+取り組みの意味を考える」
     
講師・・・新潟NPO協会 事務局長 石本 貴之 様