本文へ移動

会社概要

商   号
コンドウ印刷株式会社
所在地
〒940-1164 新潟県長岡市南陽2丁目951番地12
連絡先
TEL:0258(86)6225 FAX:0258(86)6259
設   立
1982年4月27日(創業1977年10月1日)
資本金
3,000万円
取引先
株式会社サトー  ホームページはこちら
取引銀行
第四北越銀行 長岡駅東支店
大光銀行 中沢支店
事業内容
ラベル・シール印刷
役員
代表取締役会長 近藤 清規
代表取締役社長 近藤 保子
従業員
22名(男7名・女15名)
売上高
2020年度2億6千万円
敷地面積
4959.88㎡(1500坪)
床面積
鉄骨1階1140㎡(345坪)、軽鉄1階197.85㎡(60坪)、合計405坪

経営理念

ごあいさつ

弊社は1977年10月、株式会社サトーの協力工場として発足しました。以来、世界初開発であるハンドラベラー用ラベルの製造から始まり、1981年~2000年はPOS時代をリードするJANコードプリンタの大ベストセラーとなった熱電子プリンタラベルの製造を担いました。現在では、株式会社サトーは顧客の現場起点の自動認識ソリューションをグローバルに提供しており、可変情報ラベルメーカーとして世界1位、バーコードプリンタシェアは世界2位の企業となりました。

弊社は、地道に積み重ねてきた実績と技術、そして社員が共有できる具体的な行動基準を作り、ようやく具体的な施策へと移行する準備が整いました。これからも、安心して任せていただけられるよう、誠実に努力を続け、人々の生活や産業になくてはならない情報伝達ツールであるシール・ラベル製品の製造を担う企業として、ラベルを提供する社会的責任を果たしていきます。

人間が地球で生活していくためには自然との共生・共存が必要です。ですが自然環境はこの100年で大きく破壊されてしまいました。規模の大小に関わらず全ての企業が持続可能な開発目標(※1)に取り組むことが求められます。私達は本業を通じ、企業の利益と社会的課題の解決を両立させることにより、社会貢献を目指していきます。

コンドウ印刷株式会社
代表取締役 近藤 清規

※1 持続可能な開発目標(SDGs)とは
国際社会が2030年までに貧困を撲滅し、持続可能な社会を実現するために示された17のゴールと169のターゲットのこと。「人類繁栄のための行動計画」と呼んでいます。誰一人取り残さない世界の実現。根本にあるのは人権です。

コンテスト受賞実績

第16回(2004年)世界ラベルコンテスト 最優秀賞
最優秀賞【レタープレス(線画と網伏せ)部門】
第17回(2007年)全日本シール・ラベルコンテスト
優秀賞【複合、ホットスタンプ、エンボス部門】
第27回(2017年)全日本シール・ラベルコンテスト
全日本シール印刷協同組合連合会会長賞(部門賞)【レタープレス部門】

会社沿革

1977年
長岡市中沢1丁目にて近藤清が農業倉庫を増改築して、株式会社サトーと製品製造委託契約を交わし、ハンドラベラー用のラベル製造を開始する「10月1日」
(O製作所・T機械・K機械の勤務を経て、元同僚の誘いによるもの。また元上司も自身で鉄工所を立ち上げ、その後の株式会社サトー製の重要な生産設備の製造を担っていく。)
1981年
工場増設「鉄骨2階297.66㎡」、熱電子プリンタラベル製造を開始
1982年
資本金500万円にて会社設立「4月27日」、商号を「有限会社近藤ラベル・タグ」とする
代表取締役に近藤清、取締役に近藤悦子が就任
1987年
取締役に近藤清規が就任
1989年
消費税スタート、バーラベラベルの製造を開始
1993年
工場増設「鉄骨1階163.24㎡」
新型凸版輪転印刷機・シートカッター機・帯掛機・刷版機を導入しプライマリーラベルの製造を始める
1998年
商号変更「有限会社コンドウ印刷」とする
2000年
創業以来、株式会社サトーの発展と供に、D-2、TEI-LABE、PB、店名、食彳ヱ、PB-2、熱電子プリンタラベル、Aシリーズ、バーラベラベル、スキャントロラベル、PB-3、シールラベラー50・70、レスプリ、TASSHAラベル、RFIDラベルなどの新機種ラベルの製造を担ってまいりましたが、熱電子プリンタラベル製造の撤退に伴い、プライマリーラベルの製造を中心とする
旧木造社屋解体、工場改築「鉄骨1階121.12㎡」
2001年
新型凸版輪転間欠式印刷機・箔押しラミネート抜き加工機導入
2002年
資本金を1,000万円に増資
代表取締役に近藤清規が就任
2004年
世界ラベルコンテスト入賞 最優秀賞【レタープレス(線画と網伏せ)部門】
2005年
取締役近藤悦子が辞任
2006年
取締役に近藤保子が就任
2007年
全日本シール・ラベルコンテスト入賞 優秀賞【複合、ホットスタンプ、エンボス部門】
2008年
創業者近藤清が辞任
2012年
長岡市南陽2丁目951番地12、土地4959.88㎡取得
2013年
資本金を3000万円に増資、商号変更「コンドウ印刷株式会社」とする
本社移転「鉄骨1階1140㎡、軽鉄1階197.85㎡工場に引越する」
作業環境を重視し、エアーシャワー等を完備する
2017年
創業40周年記念祝賀会・経営計画発表会を開催
<経営理念>・<基本方針>・<行動理念>の発表
周年を機に、自社ホームページの作成、公開
全日本シール・ラベルコンテスト入賞
全日本シール印刷協同組合連合会会長賞(部門賞)【レタープレス部門】
2018年
厚生労働省より、「ユースエール認定企業」として認定される
全日本シール印刷協同組合連合会より、第3回「技術優良工場」に認定される
2019年
代表取締役を近藤清規、近藤保子の2名体制とする
「健康経営優良法人2020(中小規模法人)」として認定される
弊社の再生可能エネルギー発電設備が発電開始(自家消費)
2020年
弊社の再生可能エネルギー発電設備が発電開始(売電)
関東経済産業局長より、「連携事業継続力強化計画」認定される
「健康経営優良法人2021(中小規模法人)」として認定される(2年連続認定)
現在に至る

主な取り組み(経営計画発表会資料から抜粋)

2020年度

2019年度

2018年度

2017年度

TOPへ戻る