本文へ移動

人権への取り組み

人権への取り組み

  コンドウ印刷㈱では、法令順守はもとより、人権・労働・環境・腐敗防止について10原則を定めた国連グローバル・コンパクトの趣旨に賛同しています。また、「コンドウ印刷人権方針」を制定し、強制労働や児童労働、性別・年齢・思想信条・国籍・身体的特徴などによる差別行為を禁止しているほか、職場内のパワーハラスメントやセクシャルハラスメントの防止に努めています。さらに、従業員との意見交換や情報共有をはかり、働きがいのある職場環境づくりを推進しています。
 

コンドウ印刷 人権方針

  コンドウ印刷は、『人の役に立つことを一番の喜びとし、お客様・社員・地域社会から必要とされ続ける企業であり続けるために企業活動を行います』を経営理念に掲げ、持続可能な社会の実現に向け企業活動を行っています。企業理念の実現には、すべてのステークホルダーの人権が尊重されることが不可欠であると認識しています。
そのため、コンドウ印刷は、「世界人権宣言」「労働における基本的原則及び権利に関するILO宣言」「国連グローバル・コンパクト10原則」を支持し、ここに「コンドウ印刷人権方針」を定めます。
 
コンドウ印刷は、以下の人権項目に取組んで参ります。
・強制労働の禁止:
 労働は全て自発的であり、強制、拘束、搾取的囚人労働、人身売買による労働を行い
 ません。
・児童労働の禁止、若年者労働の就労制限:
 18歳未満の労働者には、健康や安全が脅かされる労働には従事させません。
・適切な労働条件の確保:
 労働時間は、法令で定められている限度を超えません。賃金は最低賃金以上を支払
 い、法令に定められた福利厚生を提供します。
・ハラスメントの禁止:
 労働者に対するセクシャルハラスメント、性的虐待、体罰、言葉による虐待など、各
 種ハラスメントをはじめとする過酷で非人道的な扱いを行いません。
・差別の禁止:
 人種、肌の色、年齢、性別、性的指向、民族又は国籍、障害の有無、妊娠、宗教、結
 婚歴や法令で定めるものなど、不当な差別的処遇は行いません。
・結社の自由と団体交渉権の尊重:
 自由に結社する権利を尊重し、活動を行う労働者の権利も尊重します。
 
                                  2021年12月16日
                    コンドウ印刷株式会社 代表取締役社長
                                近藤 保子
コンドウ印刷株式会社
〒940-1164
新潟県長岡市南陽2丁目951-12
TEL.0258-86-6225
FAX.0258-86-6259
1.ラベル・シール印刷
TOPへ戻る